まるで夢のような展開に本当にハイテンション状態で出かけていく事になりました。
44歳のバツイチで現在一人暮らしをしているという熟女と、実際に待ち合わせになって食事に出かける約束になっていました。
待ち合わせ場所で彼女と会った時、物凄く感動を覚えてしまったぐらいです。
写メで見るよりも遥かにキュートさが漂っているし、年齢よりも遥かに若く感じる人だったのです。
とってもステキな微笑みを浮かべながら、「今日はよろしくね」って挨拶をしてくれました。
食事をしている間もテンションは上がりっ放し、また緊張もしちゃったけど素晴らしいひとときを過ごすことができたのです。
彼女とはその後もやりとりを続け、3回目のデートの時に酒を飲みに行ったのです。
そして思わず誘ってしまったのですが、小さく頷いてくれて心の中でガッツポーズを取ってしまいました。
実はまだセックスの経験がなく童貞だったので、そのことも話してみたら「筆おろしをちゃんとやってあげるから」って小さな声で言ってくれたんです。
ラブホテルに入って彼女と2人きり、自然とキスが味わって彼女の服を脱がしてきました。
プロポーションも素晴らしく、自分のチンコは激しくワッショイな状態になっていたのです。
彼女に手コキからフェラを始めてもらって、思いっきり可愛がってもらうことができました。
自分も一生懸命彼女の体を触りまくり、感じさせてから初挿入をすることができたのでした。
憧れだった熟女の肉体で童貞を卒業することもでき、相手は若々しいキュートな人だったこともあってとっても思い出深い経験となりました。
これを境にして、週に1回彼女と待ち合わせする約束をすることができるようになっていきました。
もちろんセックスが前提となっての関係で、憧れだった年上の女性と激しい関係を作り上げることに成功したのです。

さらに嬉しい事に同時に利用していたハッピーメールと Jメールでもやりとりを始めることができる相手を見つけられました。
もちろんデートをするために、待ち合わせの約束にも発展していました。

 

定番サイト登録無料
熟女サイトBEST5
童貞だった僕でも簡単に筆おろしできました